にーこ管理人が選ぶおススメのオトナマンガ全集

女性が選ぶオトナマンガ

青年オトナ

アソコ洗い屋のお仕事~片想い中のアイツと女湯で~ 8巻その3 ネタバレ

更新日:

2019年4月現在、各配信サイトでランキング月間、週間、日間でも上位キープしている

アソコ洗い屋のお仕事~片想い中のアイツと女湯で~

あらすじ、ネタバレ、最新話のご紹介です。

 

 

 

8巻その2では、合宿以来、久しぶりに街中で会った奏太と葵。

 

しかし、久しぶりすぎて、お互いにどう接していいか分からず、以前のように葵は奏太に冷たく接してしまいました。

 

 

>>8巻その2を確認する<<

 

 

葵に冷たくされてしまった奏太は、ふたたび以前のように、復讐をしようと思い、葵に近づいていきますが‥‥。

 

 

ネタバレなしで読みたい方は、単話配信のBookLive!コミックでどうぞ!

 

『濡れ過ぎる身体、指がアソコにどんどん飲み込まれて…』

 

です。

★BookLive!オトナTOPココ★

『アソコ洗い』または
『トヨ』で検索してみてください!

 

 

アソコ洗い屋のお仕事~片想い中のアイツと女湯で~ 8巻その3 ネタバレ

『濡れ過ぎる身体、指がアソコにどんどん飲み込まれて…』

 

 

葵「なななんで、あんたがここにいるのよ!」

 

 

試着のために、服を脱いでしまっている葵に、奏太は笑いながら近づいていく。

 

 

奏太(っべー! 復讐とか言いながら、何にも考えてなかった!!)

 

 

奏太は、改めて冷静になって自分の行為を振りかえったが、これは世でいうチカンでしかない。と思い、その場から何とか逃げようとする。

 

 

店員「お客様? どうかなさいましたか?」

 

 

奏太が逃げようとした途端に、店員が葵に声を掛けてきた。

 

 

葵「ちょっと、え、あ、その‥‥着るのに手間取っちゃって。で、でも大丈夫です!」

 

 

なんとかごまかせた葵だったが、試着室では、奏太に覆い被さられている。

 

 

 

葵「アンタ!何考えてんのよ! そこまで常識ないの?ただの変質者じゃない?バカ島!!」

 

 

葵にボコボコにされる奏太。

 

 

奏太「ちょ、待てっ、話をっ!」

 

 

奏太が話をしようと葵を止めようとするが、葵は一向にやめようとしない。

 

 

奏太「っのお! 話を聞けってての!」

 

 

奏太は葵の両手を壁に押し付け、動きを止めた。

 

 

葵「何よ!どうせただの言い訳でしょうが!」

 

 

奏太「違っ‥わないが‥ああ、くそっ!」

 

 

口論では勝てないと思った奏太は、葵の股間に、自分の膝を押し付けた。

 

 

葵「ひゃん! なんでこんなとこで! ばかっ、やめっ!あっ‥」

 

 

口では拒否するが、感じてしまう葵。

 

 

葵「この‥‥やめ‥なさいよぉ」

 

 

奏太(勢いで始めちまったけど、感じてる?)

 

 

葵の反応を見て、奏太はさらに葵の股間に手を伸ばした。

 

 

葵「ひうっ!?ああっ、ああ‥ちょっとぉ、んひっ!」

 

 

奏太「結月の乳首、かたくなってる。それにこっちだって」

 

 

葵「んひゃぁ! んんっ、あああっ!!」

 

 

奏太の指はさらに葵の股間をいじくりまわす。

 

 

奏太「すごいぞ、葵。指がどんどん呑み込まれていく」

 

 

葵(私の身体、こんなにエッチになっちゃってたの‥‥)

 

 

ガタガタ音がする試着室に店員が気が付き、再び葵に声を掛ける。

 

 

店員「お客様、何か声が聞こえましたが、大丈夫ですか?」

 

 

店員に声を掛けられると同時に、葵はイってしまった。

 

 

つづく‥‥

 

 

 

アソコ洗い屋のお仕事~片想い中のアイツと女湯で~ 8巻その3 感想

なんだかねぇ‥‥。

 

どっちもどっちなんですけど、奏太の、自分が言い負かされるからヤッちゃうクセ、どうにかしてくださいっ!w

 

試着室は‥‥ヤバいっ。

 

 

公然わいせつになっちゃいます!

 

でもまぁ、葵がとても気持ちよく感じているので、よしとしましょうかね‥‥。

 

続きは、管理人も使っていますBookLive!コミックの単話

 

『激しくて泡立つピストン、喘ぎ声をキスで抑えて…』

 

 

です。お間違いなく!

 

64p(1P=1円換算)で読めますので、気になる方はぜひ、読んでみてくださいね!

★BookLive!オトナTOPココ★

『アソコ洗い』または
『トヨ』で検索してみてください!

 

 

 

-青年オトナ
-, ,

Copyright© 女性が選ぶオトナマンガ , 2019 All Rights Reserved.