にーこ管理人が選ぶおススメのオトナマンガ全集

女性が選ぶオトナマンガ

青年オトナ

綾姉~奪われた幼馴染~ 2話 あらすじ・ネタバレ

更新日:

こっとん堂&お稲荷さんの作品

 

『綾姉~奪われた幼馴染~』

 

あらすじ、ネタバレ、最新話のご紹介です。

 

 

 

 

1話は、主人公のコウタと、コウタが想いを寄せる綾香と、その綾香をいづれNTRだろうと思われる馬場の人物像と関係性がわかった回でしたが、1話目で、すでにNTR要素がたっぷりでした。

 

 

>>1話のあらすじはココ<<

 

 

1話では、まだ馬場の毒牙は綾香には降りかかっていませんが‥‥。

 

 

2話では進展してしまうのでしょうか?

 

 

さっそく読んでいきます☆

 

 

管理人は、コマ読みにこだわっているので

愛用中のBookLive!コミックで読んでいきます。

 

 

他にもFANZAとDSsiteは、CGイラストで配信しています。

 

 

それぞれサンプルがあるので、のぞいてみてくださいね!

 

 

BookLive!コミックおススメ!TOPはココ

・FANZA同人(TOPはココ

・DLsite(直リンクはココ

検索で『綾姉』で出ます☆

 

 

 

綾姉~奪われた幼馴染~ 2話 あらすじ・ネタバレ

2話 綾香先輩のこと紹介してくれよ

 

 

馬場が置いていったスマホの動画に興奮する後輩二人。

 

 

後輩「まじ馬場さん、チ〇ポでけー! おー、揺れてる揺れてる!」

 

 

一緒に過ごしてきた同級生の裸とセッ〇スを見せられ、恥ずかしくなるコウタ。

 

 

コウタ(ここ、ファミレスだぜ‥‥)

 

 

呆れつつもスマホから目をそらすコウタ。

 

 

後輩「コウタ君、大丈夫っすか?チェリーには刺激強すぎました?」

 

 

あきらかにコウタをバカにしてくる後輩たち。

 

 

トイレから戻ってくる馬場。

 

 

 

馬場「楽しんでくれたか~?」

 

 

 

後輩「あっ、ゴチっす。てか馬場さん、モテますよね~、あんまモテそうな顔してないのに。」

 

 

余裕をみせるようにして話す馬場。

 

 

馬場「あ?コツなんてねーよ。女堕とす方法なんて1個しかねーよ。押して押して押しまくる。それだけよ。 拒否られてもアタックしつづける。それがすべてよ。」

 

 

後輩「え~、でも中にはしつこいってキレちゃう女もいたりするんじゃないですか?」

 

 

馬場は自慢げに話を続ける。

 

 

馬場「そういう場合は、素直に謝って、綺麗すぎて夢中になったといって、ごめんなさいな感じで言い訳すんのよ。それで嫌なする女はいねーから。」

 

 

長々とうんちくをたれる馬場だが、結局は無神経さが成す業だった。

 

 

コウタも呆れながら話を聞いているが、馬場の行動力だけは認めていた。

 

 

コウタ(でも、こんな男にひっかかる女も女だ。綾姉なら引っかかることはまず無‥‥)

 

 

馬場「あ、そうだ、お前、綾香先輩と馴染みだったよな?」

 

 

急に話を変えてきた馬場。

 

 

コウタ「えっ?」

 

 

 

想像だにしない名前が出てきてしまい、焦るコウタ。

 

 

 

馬場「エじゃねーよ。知り合いだったよな?紹介してくれよ。」

 

 

 

コウタ「あっ!全然!知り合いじゃないから無理無理」

 

 

 

なんとかごまかしたコウタだったが、馬場は綾香の話をやめない。

 

 

 

馬場「これがイイ女なのよ。うちの学校にいないレベルの。」

 

 

 

コウタ(ざけんな!なんでお前なんかに! 本当イヤなヤツ!!ゼッテーありえねー!)

 

 

 

そんなコウタを馬場はジト目で睨んだ。

 

 

 

馬場(フン、覚えてんだよ。ありえねー可愛さだったから。ぜってー俺のモノにするってよ。)

 

 

コウタのごまかしも馬場には効かず、馬場は中学の時に、馬場に、いじめられているコウタをかばいに来た綾香のことを覚えていた。

 

 

数日後、馬場が衝撃的な発言をしてきた。

 

 

馬場「やったぜ。次の日曜、綾香先輩とデート、なんとかするところまでこぎつけたわ。」

 

 

コウタは耳を疑った。

 

 

コウタ(えっ?何言ってんだ?綾姉とデート?)

 

 

馬場は話を続けた。

 

 

馬場「いや~最初はお前をイジてったことを覚えてて、印象悪くて、かなりの塩対応だったけど。お前、馴染みなら紹介してもらおうかなって思ったのよ。」

 

 

明らかに盗撮したと思われる綾香の写真を後輩たちに見せる馬場。

 

 

後輩「お~マジでスゲーカワイイ」

 

 

馬場「昔は高嶺の花って感じで、ハードル高かったけど、色々経験積んだ今ならもう攻略できっかなって」

 

 

馬場の『攻略』という言葉にひっかかるコウタ。

 

 

コウタ(攻略だ?!遊びとか真剣とかそんなことじゃない。お前なんかが手出ししていい女性じゃないんだよ!)

 

 

馬場は、まず、誤解を解くということで、コウタの面倒を今、きちんと見ているということを綾香に伝え、印象を良くし、あとはいつもの手段で押しまくって、デートにこぎつけた。

 

 

コウタは馬場の言うことが信じられず、その日の夜、確かめることにした。

 

 

夕食中、綾香に聞くコウタ。

 

 

コウタ「あのさ、綾姉、今度の日曜って空いてたりする?」

 

 

綾香「ごめんね、ちょっと真紀子と約束あるんだ。どうした?なにか?」

 

 

綾香が嘘を? 馬場が嘘を?

 

 

コウタ「な、なんでもない」

 

 

コウタが聞けるのはここまでだった。

 

 

日曜日が過ぎたある日、後輩たちが馬場に聞いた。

 

 

後輩「で、その後、どうだったんすか? デートしたんでしょ?」

 

 

馬場「なんだよ、そんなに聞きたいのか? 別に普通に遊園地でデートしただけよ。一通り回って、最後締めに観覧車乗って、キスしておわり

 

 

つづく‥‥

 

 

BookLive!コミックおススメ!TOPはココ

検索で『綾姉』で出ます☆

 

 

 

 

綾姉~奪われた幼馴染~ 2話 あらすじ・ネタバレ

 

ありゃ~~‥‥。

 

 

でも、馬場の言っていること、結構、的を得ていて、納得してしまいました。

 

 

女性として、うなずける部分もありました。

 

 

確かに美しければ美しいほど、美人は押しに弱いかもしれません。

 

 

それも、誠実を装って(?)、身近な人の名前を出されちゃうと、少なくても話は聞いてしまいますよね。

 

 

草食男子が増えた今、こういう肉食男子がモテたりするのかもしれませんが。

 

 

あれ? これって詐欺の手口?w

 

 

そこまでとは言いませんが、伊達にカワイイ女性と付き合ってきてないですね、馬場は。

 

 

全然かっこよくないけどw

 

 

モヤモヤマックスのコウタですが、何かアクション起こすのでしょうか。

 

 

もう少しがんばれ、コウタ!

 

 

 

漫画で読みたい方は、管理人おススメno,1は

コマで読めるBookLive!コミックです。

 

 

>>BookLive!コミックTop<<

検索で『綾姉』で出ます☆

 

 

他のサイトも配信していますが、1話=64Pで読めるので、お試し感覚で読むことが出来ます。

(他のサイトは販売価格800円越えです。)

 

お試しもあるのでぜひどうぞ!

 

 

-青年オトナ
-, , ,

Copyright© 女性が選ぶオトナマンガ , 2019 All Rights Reserved.