にーこ管理人が選ぶおススメのオトナマンガ全集

女性が選ぶオトナマンガ

青年オトナ

魔法のホール 寝てる子開発えっち4話 ネタバレ 無料お試しあり

投稿日:

今日は、2019年4月からBookLive!コミックで配信が始まりました片瀬蒼子先生の『魔法のホール 寝てる子開発えっち』のネタバレ、感想、最新話のご紹介です。

 

101062670_BookLiveコミック【AC】魔法のホール 寝てる子開発えっち※スマホ専用

 

片瀬蒼子先生はサークル「空色にゃんにゃん」でご活躍中で、かわいらしい女の子が特徴的な作品が多い先生です。

今回も、カワイイ女の子と大学生とのお話になっています。配信されてすぐにデイリーランキング4位にまで上昇する人気作品です☆

 

かわいい女の子が好きな男性、かわいいイラストでエッチな作品を楽しみたい女性の方におススメです^^

 

管理人も利用しているBookLive!コミックでは公式配信されていて、安心安全です。

1話あたり86p(1p=1円換算)で話売りなのでこの場面だけほしい!!という買い方OK!

無料お試しから読んで、気に入ったらそこだけ買う人も!

 

BookLive!コミック公式

 

3話では、罪悪感にかられながらも、毎日オモチャを使ってしまう主人公。

 

あまりの激しさに彩夏は、目覚めてしまいます。

 

しかし、ほてった身体を抑えきれず、彩夏はひとりエッチをしてしまいます。

 

それをオモチャ越しでみた主人公は、興奮し、オモチャの穴に入れてしまいます。

 

さらに刺激を受け、感じる彩夏をみて、また興奮する主人公・・・。

 

止めどもない性欲でお互いが気持ちよくなってしまいます。

 

3話の確認はコチラ

 

マンガを読みたい方は

公式配信で安心のBookLive!コミックでどうぞ☆

 

イラストタッチで無料お試しできます。

101062670_BookLiveコミック【AC】魔法のホール 寝てる子開発えっち※スマホ専用

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち4話 ネタバレ

第4話 少女の穴はもうすっかりオチ○チンが入るほど開発されて

 

25日目。

 

主人公は、完全挿入を我慢しつつも、毎日のようにオモチャをいじり、指を入れる。

 

昨日の快感が忘れられなくて、日中も思い出してムズムズしてしまう。

 

毎日しているせいか、罪悪感もどんどん薄れてしまっている。

 

主人公「(彩夏ちゃん、前からひとりエッチしてるのかな。あんなに気持ちよさそうならもう少しエッチなことしてもいいよね・・」

 

そういって主人公の行動はどんどんエスカレートしてしまう。

 

主人公「指1本より2本の方がより動きがわかってエロいな…。興奮する。」

 

そういって主人公は穴に少しだけ入れて最後は果ててしまう。

 

穴に入れていた指を見ると少し血が付いていた。

 

主人公「俺、もうすぐ処女奪っちゃうかも…」

 

37日目。

主人公は、自分の性欲を危ないところで踏みとどまる毎日を送ってた。

 

主人公の悪戯の階があってか、彩夏の身体も開発されていってるようで、反応もビンカンになってきた。

 

主人公「もう限界だ。いれていいよね・・・・」

 

途中までオモチャの穴に入れてみるが、なかなか入らない。

 

しかし今日は無理にでもいれようと試みる。

 

どくん…… どくん……

 

主人公「・・っ!やっぱだめだこんなのっ」

 

結局怖気づいてしまう主人公。あと一歩が進めない。

 

さらに日が経って、彩夏の体調の変化を待ち、久しぶりの悪戯。

 

主人公は我慢できなくなってしまっていて、いつも寝ている時間を狙っていたが、今日は22時に寝ていないかを確認する。

 

そこには、ひとりエッチをしている彩夏が!!!

 

主人公「彩夏ちゃん、またひとりでしてる!!!」

 

彩夏「(わたし えっちすぎるのかなぁ・・・。どんどん興味がでちゃってる)」

 

主人公からオモチャ越しに見られているのも知らないため、彩夏は大胆に触っていく。

 

彩夏「ふ、あ・・・きもちいいよぉ・・。声、だめなのに。イッちゃう。」

 

主人公「自分で気持ちいいところ、むさぼって快感を得てる。」

 

彩夏は快感のあまり、下着もつけずに寝てしまう。

 

主人公「こんなの見せられたら・・・俺・・。今日はもう本当に無理!」

 

そういって主人公はオモチャの穴にいれていく・・・・

 

 

つづく・・・・

 

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち4話  感想

 

率直な感想。

 

主人公、よく我慢してます!!えらいっ!

 

40日以上、我慢しています。1か月以上・・・。えらいデス。

 

彩夏ちゃんの初めてを奪うことだけは、悪戯をしていても踏みとどまってることに好感がもてます。

 

彩夏ちゃんは、どんどんオモチャによって開発されていってしまっていますね。

 

ひとりエッチは以前からしていた?疑惑は出ましたが、1か月、毎日毎晩快楽を得てしまっていたら・・・拷問に近いですw

 

4話の最後で主人公は、ついに我慢の限界をむかえてしまいます。

 

しかし、実はまだこれは「オモチャの穴」でしかないです。

 

ホンモノの彩夏ちゃんと結ばれることはあるのでしょうか?

 

読んでいるとついつい「オモチャ」相手にしていることを忘れてしまいますw

 

 

次回は、そんなオモチャ相手ですが、「穴」に入れてしまったところから始まります。

 

続きを読みたい方は

公式配信で安心のBookLive!コミックでどうぞ☆

無料お試し読みから入れます!

 

こちらのイラストをタッチ☆ ↓

101062670_BookLiveコミック【AC】魔法のホール 寝てる子開発えっち※スマホ専用

 

 

 

 

-青年オトナ
-, ,

Copyright© 女性が選ぶオトナマンガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.