にーこ管理人が選ぶおススメのオトナマンガ全集

女性が選ぶオトナマンガ

青年オトナ

魔法のホール 寝てる子開発えっち 6話 ネタバレ 無料お試しあり

投稿日:

 

今日は、2019年4月からBookLive!コミックで配信が始まりました

片瀬蒼子先生の『魔法のホール 寝てる子開発えっち』のネタバレ、感想、最新話のご紹介です。

101062670_BookLiveコミック【AC】魔法のホール 寝てる子開発えっち※スマホ専用

 

 

配信されてすぐにデイリーランキング4位にまで上昇する人気作品です☆

管理人も利用しているBookLive!コミックでは公式配信されていて、安心安全です。

 

1話あたり86p(1p=1円換算)で話売りなのでこの場面だけほしい!!という買い方OK!無料お試しから読んで、気に入ったらそこだけ買う人も!

101062670_BookLiveコミック【AC】魔法のホール 寝てる子開発えっち※スマホ専用

 

5話では、主人公がオモチャの穴に自分のものをいれてしまい、その快感におぼれてしまいます。

あれだけあった罪悪感も、快感には勝てず、毎日毎日オモチャに悪戯をする日々。

 

ある日、穴をいじってる最中に彩夏が完全に目を覚ましてしまい、起き上がろうとしますが・・・

 

5話の確認はコチラから

 

ネタバレなしに読みたい方は、こちらのイラストをタッチ!

101062670_BookLiveコミック【AC】魔法のホール 寝てる子開発えっち※スマホ専用

 

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち 6話 ネタバレ

第6話 目が覚めてるのにイジられて好き放題に中に出されて

 

のどが渇いて起きてしまう彩夏。

 

なぜかじんじんしている下半身と、不思議な違和感に気が付いてしまう。

 

主人公「気が付かれた・・・。でも誰に触られているかなんで分からないんだから、このまま続けてしまって・・・」

 

主人公は魔が差してしまって、完全に目が覚めてしまっている彩夏に対して、悪戯を続けてしまう。

 

彩夏「ひゃぁ!!!なにこれ?!何かに触られている」

 

 

手で押さえても動きはおさまらない。

 

彩夏「わたし、毎晩寝てる間にこんなことされちゃってたの? やだっ!イッちゃう!」

 

主人公側では、起きていても寝ていても感覚は変わらずで、万能なオモチャだということが分かった。

 

現実が分からなくなってしまった彩夏。

ぽーっとしている彩夏に、さらに主人公は悪戯を続ける。

 

主人公「これ、穴にいれたらどうなるんだろう。ごめんね、彩夏ちゃん。」

 

そういって穴に挿入する主人公。

 

彩夏「・・・っ!!!あ、やぁ・・・逃げないと。」

 

そういってベットから立ち上がって歩き始める彩夏。

 

しかし、下半身の感覚はだんだん入れられている感覚が押し寄せてくる。

 

彩夏「これって、男の人の・・・なの? どうしてわたしの身体、すんなりいれられちゃってるの?」

 

全く原因が分からない彩夏。

 

彩夏「痛くないどころか、気持ちいの、なんで??」

 

主人公は、困惑している彩夏に興奮を覚え、さらに攻めてしまう。

 

彩夏「きっとエッチなオバケなんだ。わたし逃れられない・・・こんな・・・」

 

嫌がりもせず、大きく騒ぎたてもせずにいる彩夏に、罪悪感も吹き飛んでしまった主人公は、中で果ててしまう。

 

彩夏「あれ?中で出してる? わたし、今まで、おばけのアレでオ〇ニーしちゃってたの・・・?」

 

 

つづく・・・

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち 6話  感想

ついに、存在がバレました!!

 

が、正体はバレていませんねw

 

彩夏も、何かにされていることは認めていて、それを「おばけ」とカワイイことを言っていて、萌えました^^

 

残念ですが、ここまでで、男女のカラミというのは一切ありませんでした。

 

あくまでも「間接的」、魔法のオモチャを通して・・・です。

 

管理人としては、やはり男女のからみがある方がいいと思うので、ちょっと物足りさなを感じました。

 

ただ、ひたすらかわいい彩夏と、オモチャ越しではありますが、一応、彩夏を想う主人公には、今後、きちんと向き合って、触れ合ってほしいな。と思います。

 

そこに期待して、次回を待ちたいと思います。

 

次回配信は4月19日からです。

 

マンガでしっかり復習したい方は

公式配信のBookLive!コミックでどうぞ☆

イラストタッチで無料もね☆

101062670_BookLiveコミック【AC】魔法のホール 寝てる子開発えっち※スマホ専用

-青年オトナ
-, ,

Copyright© 女性が選ぶオトナマンガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.