にーこ管理人が選ぶおススメのオトナマンガ全集

女性が選ぶオトナマンガ

青年オトナ

みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~ 7話 あらすじネタバレ

投稿日:

101061710_BookLiveコミック【AC】みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~※スマホ専用

 

今日は、BookLive!コミックで2019年4月から配信された作品

『みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~』7話をご紹介します。

 

前回の6話では、有馬先輩に快楽を教わってしまって、性欲の沼にハマってしまったみすずになってしまいました。

 

嫌だ、と口では言いながらも、何時間も有馬と身体を交わしてしまう・・・。

ヘンタイ有馬に、「ヘンタイ」と言わしめてしまいました。

 

▼6話のあらすじを確認したい方はコチラから▼

 

 

7話は、その後の生活からのスタートとなります。

 

さあ、有馬と兄とみすずの関係はどうなるでしょうか?

 

ちょっと怖いですが読んでいきます^^

 

こちらのイラストタッチで無料お試しへ★

101061710_BookLiveコミック【AC】みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~※スマホ専用

公式配信サイトで安心安全です☆

 

 

みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~ 7話 ネタバレ

 

有馬「じゃー、今日も頑張るか!それじゃぁ、僕、隣の部屋に居ますんで」

 

兄「何かあったら呼んでください」

 

それぞれの部屋に分かれる2人。

 

有馬「おう、りょーかいだ!

  みすずちゃん~♪

 

返事のない部屋に有馬が入ると、ミニスカートを履いたみすずがいた。

 

有馬「おお~、こんな女の子っぽい服、持ってんだね~。」

 

薄ピンクの膝上15cmくらいのミニスカートを履いている。

 

みすずは有馬の言葉に返事はしない。

 

有馬「どした?なに?恥ずかしいの? かわいいじゃん。似合ってるよ」

 

みすずはまたしても返事もしない。

 

更に続けて有馬は

 

有馬「しかし、お兄ちゃん、素直でいいやつだよな。2人で勉強するからってこうしていつも2人っきりにしてくれてさ・・・。俺らはこうしてオトナの勉強ができるんだよねぇ」

 

みすずがやっと口を開く。

 

みすず「・・・お。大きな声出さないで・・ お兄ちゃんに聞こえちゃうじゃん・・・」

 

有馬「ごめんごめん、バレたら困るもんね・・・?」

 

みすず「・・・」

 

有馬「んじゃ、ちょっとスカート持ち上げてみよっか♪」

 

みすず「え・・・」

 

有馬「え、じゃないよ。早くしないとお兄ちゃん、勉強終わっちゃうよ」

 

みすず「・・・へんたい・・・  鬼畜・・」

 

少しだけスカートをあげるみすず。

 

有馬「だめだめ、もっと上げて」

 

言われるがままに、スカートをあげるみすず。

 

みすず「・・・しね」

 

有馬「こら、そういうこと言っちゃだめだよ。てか、パンツしめってない?」

 

みすず「っ! ち、ちがっ!これは・・・」

 

有馬「ヘンタイはみすずちゃんの方じゃん」

 

そういって有馬はパンツ越しにみすずを舐め始めた。

 

みすず「きゃっ、やだ、やめて!」

 

有馬「そんな声出していいの?」

 

みすず「ん・・おじさん、今日はダメ。お兄ちゃんいるから」

 

有馬「といいつつ、パンツびしょびしょだからもう脱いじゃおう」

 

そういって有馬はみすずのパンツを脱がし、さらに舐め続ける・・・。

 

みすずは・・・隣の部屋の兄は・・・・

 

つづく・・・

 

みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~ 7話感想

 

ふぅ・・・・。有馬、まじ鬼畜です。

みすずの言う通りですねっ。

 

でも・・・みすずも、そろそろキレていいですよw

人と関わってこなかったから感情が出せないのかな。

 

助けて!お兄ちゃんっ!!!

 

最期の方で有馬が舐めている部分で画面が動くところ、気持ち悪かったですw

たぶんBookLive!コミック特有の仕様なんですよね。

ちょっとリアルで、ひきましたw

 

ぜひ、こちらはマンガで読んでほしいデス!

でも、キモエロ注意です!(特に女性)

 

こちらのイラストタッチで無料お試しもできます☆

ぜひどうぞ!   ↓

101061710_BookLiveコミック【AC】みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~※スマホ専用

 

-青年オトナ
-, ,

Copyright© 女性が選ぶオトナマンガ , 2019 All Rights Reserved.