にーこ管理人が選ぶおススメのオトナマンガ全集

女性が選ぶオトナマンガ

青年オトナ

思春期のココロ 【岡田コウ】3 あらすじネタバレ

投稿日:

今日は、FANZA電子書籍で2019年3月29日から配信されました

『思春期のココロ』 岡田コウ先生の作品をご紹介します。

 

 

 

岡田コウ先生は、以前はBL、ショタものとご自身の仕事のOLとで活動してましたが、2008年から専業になられたようです。

エロ漫画大賞でも1位になるなど、かなりの人気作家さんです。

今回ご紹介する「思春期のココロ」は、題名通り、思春期の時期の頃の若き日の少女たちを題材にした作品となっています。

 

収録は5作品。

 

・親の居ぬまの選択

・わたしが寝ている間に

・うちのアパートペット禁止だから

・壁が三回なったら

・そして私はいつもの顔で

 

オムニバス形式の短編集です。

最後の2作品は1つの話なので、実際は4作品となっています。

 

あらすじナシで読みたい方はこちらの配信サイト、FANZA電子書籍よりどうぞ☆

作品サンプルもありますよ!

 

FANZA電子書籍TOP

 

検索で『思春期のココロ』

または『岡田コウ』でさがしてね☆

 

思春期のココロ ~うちのアパートペット禁止だから~ あらすじネタバレ

男性の主人公はバイト帰りの様子。

 

アパートの1階には、寒い雨の中に薄着で家の外に立っている少女がいた。

 

主人公(うあ、あのガキ、訳アリ感、すげーんですけど。親は何やってんだよ)

 

主人公「いやいやいや、俺には関係ないから。何も見なかった。」

 

そう言っていたのだが・・・

 

めぐみ「3時間たちました」

 

主人公は子犬=めぐみ を拾ってしまった。

 

主人公「お・・・はよ。」

(やべ、しゃべんのめんどくさ。そういや、来てたんだった。)

 

主人公は、布団からのっそりと起き上がるが、めぐみと関わるのをおっくうなのか、また布団に伏せた。

 

めぐみは何をするでもなく、本を読んでいる。

 

主人公(最近ぬいてなかったな。ちょうどよかった。)

 

そういって布団の方にめぐみを引き寄せる。

 

主人公「たった。いつもやってるやつ。舐めて。この間の思い出して。」

 

めぐみ「・・ふぁい」

 

めぐみは、何をやっても嫌がらないし我儘も言わない。むしろ努力する姿にかわいささえ覚える。

 

主人公「そんなに丁寧にやらなくていいわ。さくっと終わらして」

 

めぐみ「ふぁい・・・」

 

できたらちゃんと褒めてあげると、嬉しそうにするめぐみ。

本当に子犬のようだ。

してほしい時にお手軽に扱える従順なペット。

 

主人公「さっき、もじもじしてたよね。触ってほしいってさっき言えばよかったのに」

 

めぐみ「お兄さんが面倒かと思って・・・」

 

主人公「確かに面倒だけど、してやるよ、セッ〇ス」

 

つづく・・・・

 

思春期のココロ ~うちのアパートペット禁止だから~  感想

 

最初は、少し救われない始まり方をするのですが、結局は主人公がめぐみによって、気持ちが少しずつ変化していく様子があって、最後は、主人公の自己完結になります。

 

しかし、自分でも途中に気が付いているけど、それを肯定したくない気持ちもあって、その無理矢理決めつけた自己完結も、強がりのような雰囲気を残します。

 

この2人には今の段階では恋愛感情などはみられませんでした。

 

今後、続編などがあれば、そういった場面も見られるといいな、と思わせるストーリでした。

 

こちらの思春期のココロはFANZA独占・先行配信です。(2019年4月15日時点)

1巻購入ですと、1.249円と若干お高めですが、FANZAでは2日間レンタルで432円で読むことができます。

ぜひ興味がある方は読んでみてくださいね☆

この話だけが気に入った方は単話購入216円も、できます。(前編・後編は別です)

・うちのアパートペット禁止だから 前編

・うちのアパートペット禁止だから 後編  で検索してみてくださいね。

 

FANZA電子書籍TOP

 

-青年オトナ
-, ,

Copyright© 女性が選ぶオトナマンガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.