にーこ管理人が選ぶおススメのオトナマンガ全集

女性が選ぶオトナマンガ

TL

Sの手戯び~奥まで暴かれ、ほどかれて~ 1巻 ネタバレ

投稿日:

 

本日は、2019年5月3日にBookLiveコミックから先行配信されました

 

Sの手戯び~奥まで暴かれ、ほどかれて~ 1巻

 

あらすじ、ネタバレ、最新話のご紹介をします。

 

 

 

 

茨芽ヒサ先生の作品で、緊縛師に目覚めさせられる展開のようです。

 

 

↑ 先生のTwitterからお借りしました。

 

 

緊縛ものは初めてなので、ちょっとドキドキしています^^

 

 

Sの手戯び~奥まで暴かれ、ほどかれて~ 1巻 あらすじ

 

エッチにコンプレックスを抱くOLの主人公のばら。

 

コンプレックスのせいで新しい彼氏もできず、ヤキモキしているときに、緊縛の記事を目にして‥‥

 

『のばらが縛られて綺麗になっていくところを見せて』

 

のばらは、緊縛師の仁井怜糸縛られると、身体のナカがジンジンしてきて、新しい自分と向き合うことになっていく‥‥

 

 

 

 

管理人愛用のBookLive!コミックでは

先行配信で、5月3日~配信開始しています。

 

他のサイトは約1か月後からの配信予定ですので、早く読みたい!方は、BookLive!コミックをおススメします^^

 

 

>>BookLive!コミックTOP<<

 

検索で『Sの手』で検索すると出てきます☆

 

 

Sの手戯び~奥まで暴かれ、ほどかれて~ 1巻 ネタバレ

 

スポットライト。

 

その向こうのたくさんの視線‥

 

私が変えられていく‥

 

彼の手とこの縄で‥!

 

ーーーーー

 

主人公ののばらは、少し地味目の眼鏡の女性。

 

 

最近、彼氏にフラれて立ち直れずにいた。

 

 

別れ際に彼氏に言われた言葉、『いつも体カチカチで声、出さないじゃん』

 

 

その言葉にすっかり傷ついてしまっていた。

 

 

過去のトラウマで、26歳の今になってもエッチが少し怖かった。

 

 

のばら(どうにかしたい‥‥)

 

 

そう思って、携帯で色々とみていると、緊縛師の仁井怜糸のインタビューが目に入った。

 

 

イケメンの怜糸の言葉に、のばらは興味をもち、インタビューを読み入ってしまう。

 

 

のばら(新しい快感‥‥?ショーを見るだけなら何かヒントになるかな‥‥)

 

 

のばらは1人でショーを観に行くとこにした。

 

 

妖しいライトに照らされた美しい怜糸。

 

 

見る前の不安や悩みは忘れて、すっかり怜糸の世界に魅せられてしまった。

 

 

司会「誰か、怜糸さんに縛られたい方、いらっしゃいますか?」

 

 

司会の言葉に周囲の観客は、自分の意志を示す中、のばらだけがためらっていた。

 

 

怜糸と目が合うのばら。

 

 

くいっと手招きされてしまう。

 

 

司会「そちらの眼鏡のあなた!どうぞステージへ!」

 

 

気の弱いのばらは断ることもできず、しぶしぶステージに上がった。

 

 

のばら「わっ!」

 

 

椅子に無理矢理座らせられるのばら。

 

 

周囲の目、スポットライトに恐怖を感じ、緊張してしまう。

 

 

 

怜糸「大丈夫。どうしても辛くなったら右足で椅子を2回蹴って。やめるから。ね。」

 

 

怜糸にメガネをはずされながら、耳元でささやかれたのばら。

 

視界がぼやけたことも手伝って、なんとか気持ちも落ち着きはじめ、ショーを了承した。

 

 

ぐいっ! ぎゅっ、さわ‥‥

 

 

縄がのばらを締め付けていく。

 

 

のばら「んっ‥ふ‥‥ぁ!!!」

 

 

思わず声が出てしまうのばら。

 

 

怜糸「いいよ、そのまま身をゆだねて‥‥」

 

 

のばらの耳元で優しくささやく怜糸。

 

 

怜糸の吐息と指の動きに、のばらは頭がフワフワしてきて、感じてしまう。

 

 

のばら(私‥‥感じちゃってる‥!!)

 

 

ショーが無事に終わり、縄をほどいてもらうのばら。

 

 

怜糸「お疲れ様。次のステージあるから舞台袖まで下がってくれる?」

 

 

のばらは怜糸に手を引かれ、舞台裏に連れていかれる。

 

 

のばら「あの‥すみません。私はどこから帰れば‥‥」

 

 

連れていかれた先は怜糸の衣裳部屋のようだった。

 

 

怜糸「君、よかったよ。 君ってあがり症だよね。」

 

 

のばら「?!  そ、そうです‥ね」

 

 

怜糸「ステージでも緊張で体が硬かった」

 

 

その怜糸の言葉に前の彼氏から言われたセリフが脳裏に浮かんだ。

 

 

怜糸「でも、そこが気に入ったよ。俺のパートナーになってくれ」

 

 

予想外の言葉を言われ、驚くのばら。

 

 

のばら「パートナーって‥?む、無理です‥‥」

 

 

断るのばらをよそに怜糸は言葉を続けた。

 

 

怜糸「最初君は、緊張していたが、終わるころ、どうだった? よかったよね?僕にはわかるよ」

 

 

図星をつかれ、恥ずかしがるのばら。

 

 

怜糸に洋服を脱がされ、胸を触られるといつも以上に感じてしまう自分に驚く。

 

 

さらに怜糸に縄を見せられると、濡れてしまった。

 

 

のばら(うそ‥私‥‥縄をみただけで反応して‥)

 

 

怜糸「どう? 俺はのばらが縛られて綺麗になっていくところが見てみたい。」

 

 

のばら(私の知らない快感がすぐそこに‥ 知りたい‥‥)

 

 

快感を得るために怜糸のいうことを聞きいれた‥‥

 

 

 

つづく

 

 

 

Sの手戯び~奥まで暴かれ、ほどかれて~ 1巻 感想

 

かなり冴えない感じのするのばらですが、なんとか自分で変わろうと頑張って勇気を出しました。

 

 

ここでは書かれていませんが、もともと緊縛に興味があったのでは?と思いました。

 

 

ネットを検索していて、なかなか緊縛に目がいくことって少ないと思うんですよね。

 

 

なので、ドM要素は持ち合わせていて、イケメンの怜糸とは相性抜群だったんだと思います。

 

今回はそんなに激しいエッチな場面などはありませんでしたので、これからどうなっていくのか、楽しみな作品でした。

 

 

漫画を読みたい方は、先行配信

BookLive!コミックがおススメです☆

 

他のサイトは約1か月後からの配信予定ですので、ぜひこの機会にどうぞ^^

 

 

>>BookLive!コミックTOP<<

 

検索で『Sの手』で検索すると出てきます☆

 

 

-TL
-, ,

Copyright© 女性が選ぶオトナマンガ , 2019 All Rights Reserved.