にーこ管理人が選ぶおススメのオトナマンガ全集

女性が選ぶオトナマンガ

青年オトナ

妖怪アパートの卑猥な毎日。5話 ネタバレ・あらすじ

更新日:

 

本日は2019年5月よりBookLive!コミックで配信された

 

まる。/マンチン堂 先生の

 

妖怪アパートの卑猥な毎日。

 

あらすじ、ネタバレ、最新話のご紹介です。

 

 



 

 

 

4話では、トイレで一息つく祐樹の元に、幼子の花子さんが来ました。

 

「さすがに小さい子は‥‥」と断りかけると、花子の胸は爆乳になっていき‥‥。

 

 

>>4話ネタバレはココ<<

 

様々な幽霊、妖怪を相手にしてきましたが、祐樹の身体は大丈夫でしょうか?

 

 

 

ネタバレなしで読みたい方は、単話配信のBookLive!コミックでどうぞ!

 

『5話 隣人は肉食系の女郎蜘蛛!?』

 

です。

 

 

★BookLive!公式★

 

 

妖怪アパートの卑猥な毎日。5話 ネタバレ

『5話 隣人は肉食系の女郎蜘蛛!?』

 

 

昨日からずっと女幽霊たちに、精気を与えつづける祐樹。

 

 

さすがにへとへとになってしまい、家に帰って、ほっと一息ついていると、誰かが訪ねてきた。

 

 

女性「あ‥あの‥‥すいません。私、隣に住む、幡多花織と言います。ちょっと男の人の手伝いが必要で‥‥」

 

 

隣への挨拶もまだだった為、祐樹は隣の部屋に行った。

 

 

すると、身体を何かで拘束され、横に寝かされ、花織が上からのっかってきた。

 

 

祐樹「うわっ!こ‥これは一体‥‥」

 

 

 

花織「ご‥‥ごめんなさい。こんな無理矢理‥」

 

 

 

祐樹「まさか、君も‥‥」

 

 

花織も、どうやら源次郎に世話になっていた妖怪のようで、源次郎がいなくなってしまった今、困った挙句、祐樹を誘ってきたようだった。

 

 

花織「せ‥精気‥‥もらってもいいですよね? だってもう準備万端みたいだし‥‥いれちゃいますね♡

 

 

 

祐樹の返事も聞かないうちに、花織は自分の穴に祐樹のモノを入れていった。

 



 

花織「あああああっ、久しぶりっ!気持ちいい!!

 

 

 

すっかり花織のペースにされてしまう祐樹。

 

 

 

祐樹「そ、そういえば、君は一体なんの妖怪なの?」

 

 

 

花織「私っ‥‥ですか?私っ、気持ちよすぎて、頭っ‥あははは♡

 

 

 

花織の身体は大きく変化し、肌の色も青くなった。

 

 

花織「これが私の本当の姿っ。女郎蜘蛛なんですっ♡」

 

 

花織は蜘蛛ならではの手足の多さで、祐樹の弱い部分を攻めていく。

 

 

祐樹「あう‥ちょっと、乳首っ、タマ‥‥

 

 

花織「女の子に弄られて感じちゃってるなんて‥‥ドMなんですかぁ?」

 

 

祐樹「ちがっ‥‥」

 

 

祐樹はさらに攻められ続け、イキそうになってしまう。

 

 

花織「いいんですよ‥‥私の中に、いーっぱいくださいっ♡

 

 

祐樹「うううぅう!出るっ!!

 

 

祐樹は、もう出ないと思うほどに出しきった。

 



花織「はぁはぁ‥‥すごい精気っ♡ お疲れさまでした。お隣さん同士、これからもお願いしますね♡」

 

 

さすがにこのペースでは、自分が干からびてしまうと思い、神社にお参りにいく祐樹。

 

 

女の声「青年よ、元の生活に戻りたいか‥‥」

 

 

一瞬、神の声とも間違うほどの声が聞こえてきた。

 

 

祐樹「は‥‥はい!戻りたいです!」

 

 

女の声「ならば、神使いと交わりなさい」

 

 

祐樹「へ? 交われって‥‥」

 

 

困っていると、この神社の巫女らしき女性が声を掛けてきた。

 

 

巫女「お困りのようですね? 人目に付きますから、こちらへ。」

 

 

祐樹は巫女に誘われるまま、付いていった。

 

 

祐樹「い、いいんですか?本当に。」

 

 

巫女「ええ、もちろん。困ってる人を助けるのも私たちの役目ですから。」

 

 

巫女は床に横たわり、大きな胸をさらけだし、股を大きく開いている

 

 

巫女「申し遅れましたが、私の名前は稲荷沙耶。さぁ、始めましょ」

 

 

祐樹は、沙耶の大きく開いた股に自分のモノを突っ込んでいく。

 



 

 

沙耶「ああっ、大きなのが入って来てますっ! もっと奥まで! そうしないと除霊できませんから‥‥」

 

 

祐樹「はっ、はい!」

 

 

巫女の沙耶が除霊に付き合ってくれていると思い、沙耶の言うがままに腰を動かした。

 

 

祐樹「こっ、これでいいんですか?」

 

 

 

沙耶「そ、そんなにしたらダメ~♡

 

 

 

つづく‥‥

 

 

妖怪アパートの卑猥な毎日。5話 感想

 

さすがにね‥‥。

 

絶倫男性でも、ここまでくるとヤバいですよね。

 

 

女郎蜘蛛も、最初は謙虚にふるまっていましたが、今までの妖怪で一番怖かったかと思います‥‥。

 

 

正体がバレたときのコマを見たとき、ドキッとしてしまいました~。

 

 

今までを振り返ると、

幽霊(普通の女の子)

ろくろ首(艶っぽい年上)

雪女(年上美女)

猫娘(Mっぽい)

花子さん(幼女の巨乳)

女郎蜘蛛(S気質の女性)

 

で、巫女さん。

 

 

巫女さんは?人間??

 

どうなんでしょうか?

 

 

この話が気になる方は、管理人も愛用中のBookLive!コミックでどうぞ!



 

 

-青年オトナ
-, ,

Copyright© 女性が選ぶオトナマンガ , 2019 All Rights Reserved.